事業展開にITを活用したい社長

 

システム製品の開発を考えている社長

ITはソフトウエア製品や組込みシステム製品だけではありません。IT活用で単体販売していた自社製品をソリューションシステムとして顧客に提案することができます。特に製造業はこれからインダストリー4.0時代へ突入していきますので、単体製品からネットワークにつながるIOT対応の製品となっていきます。ITを自社製品サービスに組込みことは自然の流れです。私達、神楽坂コンサルティング®はITを活用したい社長を応援します。

 

事業展開にITを活用したいと思案している社長

業務システムとしてのIT活用から、ビジネスモデル構築を実現するIT活用を考えなければなりません。インターネットが発達しクラウドが手軽に使えるようになりましたので、自社製品を今までとは違う市場へ売る(新市場開拓)ことができるようになりました。IT活用はビジネスチャンスをつかみ取る中小企業の手段なのです。私達、神楽坂コンサルティン グ®は新市場開拓に挑戦する社長を応援しています。

 

データ活用をITでやりたい社長

今、ビッグデータの活用と言われています。しかし、データベースの活用は昔からあることで、少し前はBIやデータウエアハウスと言われていました。ビッグデータ時代、中小企業にとり身近に活用できるようになっています。ビジネス展開にITでのデータ活用は重要なデーマです。私達、神楽坂コンサルティング®はデータ活用を考えている社長を応援します。

 

>>IT活用支援

>TOPページ

IT活用支援

情報システム部門としての「ITコンサルティング」  

社内業務商品開発.pngのシステム化は中小企業にとってハードルが高い。思い切ってメーカなどにシステム化を丸投げ依頼しても上手く行かない場合が多い。何故な ら、システム構築を成功させるためには会社(依頼者)側の立場に立った専門家が不可欠だからです。専門家がいないのでメーカからの提案システムの評価、システム仕様の決定ができないので、言われたままでやることになってしまうのです。もし、新規事業のビジネスモデルを実現するシステムなら、会社経営 にとって致命的になってしまうかもしれない。成功の方程式として、外部のICT専門家に依頼し、システム構築をメーカに発注するやり方がよい。 

 

技術マーケティング視点での「製品開発支援」 

自社製品の開IT部門.png発販売は社長の夢です。下請け体質から脱却する為の一手です。自社の培ったきた知的資産を活かして、付加価値を上げることは経営上考えねばならぬことです。ソフトウエア製品の開発、自社製品のシステム製品化(ソリューション製品化)、ソフトウエア製品のクラウドサービス化、自社製品の応用製品化、新製品の試作開発等の製品開発支援を行います。

 

 コストで業務効率を改善する「エクセル&クラウド活用支援」 

エクセル.png 今 やエクセル(EXCEL)は業務にとって不可欠となりました。一方で、以前からのファイルを使い続けることによって、知らず知らずのうちに非効率な業務を 行っている場合が多々あります。エクセル(EXCEL)業務の見直しは、業務効率を飛躍的にアップさせるだけでなく、経営判断にも役立ちます。又、PCで 利用できるクラウドサービスを利用することが低価格で気軽にIT活用を実現します。

 

>>IT活用支援

>TOPページ

IT活用支援担当「馬場 英世」より一言

馬場写真W.jpg経営にIT(情報技術)を活かすことは重要な経営課題です。このことは多くの中小企業の社長に認識されています。しかし、IT活用には人材が必要ですが、中小企業にはそのような人材を専任登用する余裕はないのが実情です。又、次のような問題点をクリアしなければなりません。

@ITのできる若手スタッフがいても、プログラマレベルの人材では変化する技術を見据えながら、経営企画としてシステム化を任せることは経験的に難しいようです。(普通、経営がわかるITエンジニアは非常に少ないのです。)

A優秀な人材を抜擢してもITシステム化担当がきっかけで退職してしまうケースが見られます。

BITシステムと業務面の両方が理解できる人間が社内にはなかなかいません。結果、大手のSI企業やメーカへ丸投げするようになり、失敗するリスクが高くなります。

このような現実を踏まえ、私達は顧客の情報システム部門としてIT活用支援を行い、例えば新規システムの導入に於いてはシステム導入検討、メーカ検討などを行こない。運用に於いては、小規模であれば社内のオペレーション担当へ指導サポートするやり方が現実的であると経験的に理解しています。

 

ソフトウエア製品の開発、自社製品のシステム化、組込みシステムの開発、試作開発などお困りのことがあれば以下「お問い合わせはこちら」迄で遠慮なくご連絡ください。

 

 

 

 

>>IT活用支援

>TOPページ