ワークショップ

P体系ワークショップ.png

 ワークショップは受講者が現場実務にすぐ役立てられるよう考えられています。以下のようなテーマで行います。クローズコースの場合は現場で困っているテーマに沿ったワークショップやセミナーを相談して考えテータメイドで企画できるのも特徴です。

 

 

  • 人材採用のやり方をロールプレーする「採用面接のやり方」
  • 彼を知り己を知れば百戦危うからずという諺を実践する「己を知るプログラム」
  • 会社の事業戦略・施策を計画に落とし込む「経営計画/事業計画の作り方」
  • 会社経営の基本、資金をタイムリーに把握する「資金繰り表の作り方」
  • 営業活動を見える化する「商談管理のやり方」等など

 

会社の実情に合わせてワークショップの内容をカスタマイズしますので、即に実務に活用できるの

で、 担当スタッフのスキルアップにはワークショップが効果的です。

 

 

 

 

>>ワークショップ

>TOPページ