チーム神楽坂(竹内)141028_ALIA2617D.jpg

2008年9月のリーマン・ショックがトリガーとなり、急激に景気後退して世界的な大不況に突入した。そして、1990年代の平成不況からこの大不況を経て、社会状況は変わり、価値観は大きく変化した。

大手企業は株主の利益を守る為に、労務費を切り、水も漏らさぬ程に外注費を切り、経費を絞り、投資を抑制中止等のコスト削減を必死におこない、この局面を乗り切ってきた。
多くの中小企業経営トップは会社を守り社員を守る為に身銭を切り、金融機関からセーフティネット等で運転資金を調達し、雇用調整助成金を活用し凌いできた。

大企業はコーポレートガバナンスという呪縛に囚われて極端にリスクを恐れ、新しことにチャレンジすることにとても慎重になり、意思決定がとても遅く萎縮硬直してしまった。
気がついたら、元気なアジア諸国が台頭して、国力に勢いがなくなってしまった。

そういう中、2011年3月11日東日本大震災というとてつもなく大きな悲惨な不幸に見舞われ、多くの尊い人命が失われた。想像を超えた大津波が多くの人命を奪い、原子力発電所の大事故を引き起こした。原発安全神話は砕け散ってしまった。グローバル企業のサプライチェーンが寸断され、生産が一時的に麻痺した。そして、私たちの人生観は根底から覆った。

今、ヨーロッパはユーロ圏を襲った金融危機からの立ち直りはこれからと思われるが、米国経済はいち早く成長軌道へと回復してきた。日本経済もようやく動きだし、長かったトンネルの出口が見えてきた。
久しぶりに中小企業社長の表情も明るくなってきたように感じる。

今まで、日本の中小企業はこのような厳しく先が見えない時代を必死に生き抜いてきた。
しかし、ようやく明るさが見えてきたとはいえ、私達中小企業はこれからも、厳しく、先が見えない時代をたくましく生き抜いていかねばならない。私達中小企業は時代を理由に「商いが駄目だ!」いうことは出来ない。私達中小企業はこのような時代をプラス発想で、チャンスと考えチャレンジするしかない。

1.今まで培ってきた、技術開発力、製造技術力があり、経営トップがその気になるだけで、新たな製品開発/市場開拓にチャレンジすることが出来る。
2.そして、今だからこそ、必要な人材を確保しやすくなった。
3.国際的に日本製というブランド力は強い。
4.日本はこれから最も成長するアジア圏という絶好の地の利がある。
5.又この地の利が草の根的な集積(ネットワーク)を生み出す可能性を秘めている。
6.この大不況で顧客のコスト意識がとても高くなり、ブランドがなくても、取引をしたことがない中小企業へも引合を出すようになってきた。
7.ECO、絆・・と社会の感性、価値観が大きく変わり、新たな市場創造が予想される。
8. 更にiphone(スマートフォン)、iPad(タブレット)、FaceBook(SNS)とユーザ視点の新たなICT時代が始まった。
9.そして、何よりも私達中小企業には素晴らしい人材(人財)とその他の価値ある知的資産がある。

私達中小企業は時代の流れをチャンスと捉えて乗り切る素晴らしい知恵と潜在能力がある。成功を信じてチャレンジです。中小企業が元気にならなければ日本は元気にならない!!

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               神楽坂コンサルティング株式会社 代表取締役 竹 内 一 郎

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-4570-0655

「社長の相談役®」は決断をサポートするエグゼクティブの為のサービス、

会社経営の相談は「社長の相談役®」迄!

お問い合わせはコチラ

神楽坂コンサルティング
株式会社

住所

〒101-0047
東京都千代田区内神田1-18-11
東京ロイヤルプラザ1014

Facebook